兵庫県神戸市でスーパーマーケット経営の且O宅商会が破産へ

兵庫県神戸市でスーパーマーケット経営の且O宅商会は、6月20日までに自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

会社名 且O宅商会
業 種 スーパーマーケットの経営
所在地 神戸市兵庫区駅南通1−2−3
設 立 1992(平成5年)7月
創 業 1987年(昭和62年)10月7日
代表者 三宅祥之
年 商 27億円(2012年3月期)
負債額 5億6200万円
従業員 220名(2012年4月現在)

「フーズストアシーダー」として創業し、神戸市内で「パワーストアシーダー」の屋号でスーパーマーケットの経営を手掛けていました。

しかし、阪神大震災による被災で当時営業していた全2店舗の閉鎖を余儀なくされ、本社ビルも全焼した。
その後は再興を目指しJR三ノ宮駅・兵庫駅の近くなどで4店舗まで店舗網を拡大し、2010年にはインターネットで注文を受ける宅配事業を、11年には発光ダイオード(LED)照明の輸入販売事業を始めました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みなどから業績が悪化したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

編集後記
初版発行から1年超経過しており、部分的にステールを免れない部分もある。
しかし、中央青山PwCコンサルティングの編集だけあって、内容は手堅く、記述は正確である。
スリリングなビジネスとしてターンアラウンドに関心を寄せる読者には、やや退屈かもしれないが、本書のようなマニュアル志向の基本書も目を通されることをお勧めしたい。
会計や法制の解説のみならず、後半のコンサルティング関連の解説も総じて優れており、示唆されるところが少なくないだろう。

【送料無料】企業再建・再生マニュアル [ 中央青山PwCコンサルティング株式会社 ]

長期成長企業へ会社を作りかえる具体策とは。コンサルタントとして豊富な経験を有する執筆陣が、自らの力で生き残るためのノウハウをあますところなく紹介する。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。