負債40億円!東京都台東区で資産管理の叶迹纉cが特別清算開始決定

東京都台東区で資産管理の叶迹纉cは、6月7日に特別清算開始決定を受けました。

会社名 叶迹纉c
業 種 資産管理
所在地 東京都台東区東上野4−24−11
設 立 1947年(昭和22年)3月
創 業 1907年(明治40年)3月
代表者 齋藤克浩(代表清算人)
資本金 1円
年 商 124億8200万円(2012年6月期)
負債額 40億円

明治40年3月に創業し、平成24年に現商号に変更するまで、近年はTOHO梶i以下当社)として塗装工事を行っていた。
全国各地に支店や営業所を構え、マンション管理組合や大手ゼネコンから受注を得てマンションや送電塔、プラントなどのリニューアル、防蝕・防錆を目的とした塗装工事を行い、平成24年6月期には完工高約124億8200万円をあげていた。

しかし、バブル経済時代からの設備投資債務や不良資産が累積しており、処理が伴わず実質は債務超過状態だった。そのため、平成23年頃から財務内容の整理に入り、平成24年に会社分割を行い新たに設立したTOHO鰍ノ事業を移管した。当社の債務整理について準備が整ったため今回の措置となった。

編集後記
零細企業を営む方であれば、特に何度も読み返し、その考えを取り入れられると思います。 
これから起業しようとする方、すでに起業している方は、少人数で小規模の経営を行うことが多いと考えます。 
個人的には、いつ競争相手になるかもしれない大企業の脅威をどう取り除くかをいつも考えていました。 
仮に、零細企業の社長と大企業の社長が同じアイディアを持っていれば、資金力のある大企業が圧倒的に有利だと思っていたからです。 
しかしながら、この本では、世の中にある利益モデルは1つではなく、むしろ零細企業に有利な方法もいろいろあることが紹介されていました。 
文体も平易で、紹介されている事例もシンプルなものなので、分かりにくいということはないと思います。 またピンクのブックカバーがキュートです。 
一度目は、全体像をみるために読むだけでしたが、実際に自分の状況に応用するべく読み込めば、必ず自分の利益になる情報を引き出せると思わせる良著でした。 

【送料無料】月100万円のキャッシュが残る『10の利益モデル』 [ 丸山学 ]

「うちの会社はいつも忙しい。しかし、忙しいわりにお金が儲からないのはなぜだ?」と感じることはありませんか?
特に中小企業の経営者の方は、日ごろから思っていることではないでしょうか?
いったいなぜ、忙しいのに儲からないのでしょうか?
本書では、著者が「利益の仕組み」を徹底検証し、独自に考案した「利益モデル」10点を解説しています。
ポイントは「中小企業が利益を出すための方法」を具体的に説明している点です。
「利益についての本」というと、それはたいてい大企業向けのビジネスモデルを指しますが、それは必ずしも中小企業に役立つものではありません。
今回は、自身も中小企業(行政書士事務所)を経営する著者が、「中小企業のための利益モデル」を構築しました。
ご一読いただければ、あなたの会社で「なぜ赤字が発生するのか」がおわかりいただけるでしょう。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。