【続報】滋賀県高島市で食品加工の石田食品椛シ1社が自己破産へ

滋賀県高島市で食品加工の石田食品鰍ニ関連会社の高島物産鰍ヘ、4月26日に事業を停止し、自己破産申請の準備に入っています。

会社名 石田食品
業 種 おせち料理や食品加工
所在地 滋賀県高島市今津町今津694−2
設 立 1957年3月
創 業 1924年11月
代表者 石田祐介
資本金 5500万円
年 商 17億円(2012年2月期)
負債額 21億円(2社合計)
従業員 80名

当社は大正13年11月に琵琶湖の鮎、いさざ、わかさぎ、もろこ等の魚介類のつくだ煮製造業者として創業、昭和32年3月に法人化し、冷凍食品販売やおせち料理の製造を手掛けるなど業容を拡大し、ピーク時の平成15年2月期には売上高18億8400万円内外を計上していた。

しかし、原材料の値上がりを競争激化で販売単価に転嫁できず、採算割れが続き、平成22年6月には褐ワ幸を合併するなど業績回復を期したが、平成24年2月期売上高は17億円内外、当期損失2億2000万円内外を計上。
また、金融機関債務も負担となり、資金面の改善の見通しも立たないことから今回の措置となった。
なお、高島物産鰍フ平成24年2月期売上高は3億円内外となっている。また、2社代表の石田祐介氏は滋賀県議会議員を現在まで3期務めているが、破産を申し立てる予定。

編集後記
プルデンシャル生命・坂口陽史の献身と挑戦
日本の生命保険業界を変える!最強の営業集団の育成にかけたリーダーの物語。

【送料無料】魔法を信じた経営者

誰もが家族に対して持っている深い愛情をかたちにし、顧客が「経済的な保障」と「心の平和」を得られるようにサポートすること-
それがプルデンシャル生命のライフプランナーの使命である。
プルデンシャル生命の創業者坂口陽史は、真に顧客志向の保障をオーダーメイドで提供するライフプランナーという新しい専門職を日本で確立し、
日本の生命保険業界の変革を志した。
生命保険がもたらす魔法の力を信じた経営者の奇跡と軌跡をたどる。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。