1件227円の不正請求!愛知県刈谷市で大興タクシー

愛知県刈谷市で大興タクシー鰍ェ、福祉タクシー料金助成制度で不正請求をしたとして1月31日から2ケ月間の入札資格停止処分にしました。

業 種 タクシー事業・バス事業・ペット事業・介護福祉事業 
所在地 愛知県刈谷市神田町1−57 
設 立 1975年7月   
代表者 永井嗣実  
資本金 3000万円 
年 商 19億円(2011年度)
従業員 350名(保有台数 タクシー151台、バス27台)

刈谷市では障害者に36枚のタクシー利用券を渡し、1枚あたりの限度額は大型が610円、小型が500円で、1回に6枚まで使えます。
1枚で不足金額が発生する場合には、2枚目に不足金額を記入するようにしていましたが、運転手が不足金額ではなく、限度額を記入して着服していたようです。

発見された不正は2012年4月から12月までで129件、金額は29,340円で、1件当たりの平均金額は227円でした。

刈谷市では関係書類の保存が1年で、2012年3月以前の調査は難しいが、出来るだけ調査をすると話しています。

運転手が個人的に着服したものと見られていて、会社ぐるみではないと判断されていますが、大興タクシー鰍ナは2月から給料の20%、取締役の1人は10%を2カ月間自主返納することを決めました。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。