建設業で悪化!静岡県 2012年1月〜12月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。静岡県 2012年1月〜12月の倒産状況

静岡県で2012年1年間の倒産件数は339件で、負債総額が653億8300万円でした。
件数は2011年比で30件増えましたが、負債総額は350億400万円減っています。
大型倒産が減少したことが要因で、相変わらず建設業の倒産が多く、前年比で30件増えて、100件ありました。

中小企業金融円滑化法で生き延びていた建設業者が、公共工事の減少や民間工事の減少が響き、行き詰ったものだと思われています。

安倍政権による公共投資がどの程度まで景気回復に貢献するかが今後の課題かと思われます。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。