フツーの収入でも共働きならラクラク1億円貯まる!

結婚したらお金のこと、ふたり一緒に真剣に取り組もう 貯金1億円も夢じゃない
銀座の宝石店で働く友人が、震災の後、震災前以上に忙しくなったと言う。彼女の担当は婚約指輪とブライダル・リング。これらを買い求めるカップルが以前よりずっと増えたらしい。ただし単価は下がっているから、忙しくなったのに儲からないとこぼしていた。

震災は若いカップルの意識を変えたらしい。

命がはかないこと、限りがあることに思い至った。

そこで、今の恋人とだらだら付き合い続けるのではなく、結婚するか別れるか、決断する女性・男性が増えたようなのだ。

これからの人生を、パートナーと協力して築いていくと決め、一歩踏み出したカップルに拍手を送り、応援したい。

しかし、結婚生活は甘い砂糖菓子じゃない。いろいろな現実に直面する。お金のこともその一つだ。

独身のときは、お金のこともまったく気楽だ。
自分で稼いだお金を全部自分のために使うことができる。
気の合う友人と毎晩飲みに行ったし、食費を削っても趣味につぎ込める。
服や化粧品、エステや海外旅行に好きなだけ使うことができる。
給料日前に財布が空でも平気だ。
気軽にカードローンを借りた人もいるだろう。

結婚すると話は違う。お金は自分のためだけじゃない。

ふたりで気持ちよく暮らしていきたいと考えるようになる。

前は家のことなんて考えなかったが、自分たちにぴったりの快適な住まいが欲しくなる。

生まれてくる(すでに生まれている)愛しい命のためにも、いろんな備えをしてあげたくなる。

そのためには、今まで通りに行きあたりばったりでは、だめだ。無計画ではお金はどこかに消えていくだけで何も実現できない。それどころか、トラブルに巻き込まれることだってある。

自分とパートナーのため、家族のために、お金のポイントを押さえて、やるべきことを実行しよう。ちょっと努力がいるけれど、基本は簡単だ。

一緒に人生のハードルをひとつずつ越えて行き、夢をひとつずつ形にする。この充実感を味わえるのは、結婚したふたりの特権だ。

結婚してすぐのカップルは、暮らしも財産も大差はない。ところが5年、10年、20年と経つうちに歴然と差が開いてくる。夢をひとつずつ積み上げていくカップルと、何年経っても何も変わらないカップルに。

あなたはどちらになりたい? 夢を実現していきたいなら、今すぐ、行動を起こすことだ。早ければ早いほどいい。

もう結婚○年も経っているカップルもいるかもしれない。でも、動き出せば大丈夫、十分間に合う。

さあ、ふたりで手を取って、一緒に踏み出そう。

編集後記
独自の方法で日本経済の展開に接近する。近代日本の工業化に決定的な役割を果たした、明治-昭和期の中小企業経営者の活動および、その歴史的展開過程を総合的に分析した研究書。
中小企業史研究会の永年の成果が、日本の経営史・経済史・企業論に新しい光を当てる。

【送料無料】近代日本における企業家の諸系譜

関口八兵衛・直太郎-醤油醸造と地方企業家・名望家
藤本庄太郎-堺緞通業の組織者
亀村清一郎-医療機器業界と職人型経営者
新家熊吉父子-山中漆器職人から自転車部品製造業者へ
野田正一-工作機械企業・碌々商店の経営
榊谷仙次郎-「満州」土木請負業者の世代交代
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。