若手ビジネスパーソンの平均貯蓄額は338万円!

親しい友人同士でもあまり明かすことがない、貯蓄事情。年収が同じぐらいだと思っていた友人に対して、ふとした拍子に「もしかして自分よりはるかに貯めている……? 」と感じる瞬間は、何とも言えないものがある。「転職サービスDODA」が10月1日に発表した「ビジネスパーソンの貯蓄事情2012」によると、22〜34歳(平均28.8歳)の平均貯蓄額は338万円だとわかった。貯まる人と貯まらない人には、一体どんな違いがあるのだろうか。

アンケートは2012年3月5日〜3月6日。アンケート対象は、22〜34歳までのホワイトカラー系職種の男女(正社員、契約社員含む)。有効回答数は5000件。

貯まるか、貯まらないか 分岐点は26〜28歳にあり!? 
平均貯蓄額を年齢別に見ていくと、大学新卒者に多い年齢となる22歳では101万円に。ただし、最も多いのは「50万円未満」で39%だった。次ぐ「50〜100万円」は20%で、ほぼ半数以上は100万円以下の貯蓄額だったが、この年齢ですでに「100〜200万円」(25%)、「200〜300万円」(4%)という人も存在し、平均を押し上げるかたちとなっている。

一方、アンケート対象の中で最年長である34歳の平均貯蓄額は464万円。こちらは、半数以上が100万円以下という22歳の貯蓄額分布図とは大きく異なっており、「50万円未満」(18%)から「1000万円以上」(13%)までの割合が、ほぼすべて10%台で並んでいる。年齢が上がるにつれ、「500万円〜1000万円」、「1000万円以上」など貯蓄額が多い層は比例して増えるが、逆に「50万円未満」の層は30歳から34歳まで、18%前後で変わっていない。

年齢が若いうちは貯蓄額分布図も低い金額に偏りがちだが、34歳の貯蓄額分布図のように全体的に偏りがなくなる傾向は、26〜28歳頃を境に顕著となる。この時期が、「貯蓄額の多い人」と「少ない人」の分岐点と言えるのかもしれない。

ちなみに、年齢と貯蓄額はほぼ比例するが、一箇所だけそうでない年齢がある。それは、29歳(平均貯蓄額349万円)と30歳(平均貯蓄額328万円)だ。これについてDODAは、「30歳の人に、1年前より貯蓄が減った理由を聞いてみると、『車やマイホームを買った』といった声が目立ち、30歳という節目の年に大きな買い物をすることで一時的に貯蓄が減る人が多いことがわかりました」としている。

編集後記
日本経済は深刻な不況に呻吟している。「変革」「構造改革」が時代の合い言葉となったが、本当に断行できるのか、日本人の多くは自信を持てないでいる。けれども、歴史を振り返れば、この国が混迷に陥り、その行く末が危ぶまれたのは、これが初めてではない。
危機はどのようにして突破されたのか。…やはり発展の基本的なエンジンは民間の企業家たちのチャレンジとイノベーションにあったのである。普通より少しばかりの勇気と冒険心をもった人々。

【送料無料】日本をつくった企業家

三野村利左衛門(三井財閥)/広瀬宰平(住友財閥)/岩崎弥太郎(三菱財閥)/伊藤忠兵衛(丸紅・伊藤忠商事)/福原有信(資生堂・朝日生命)/御木本幸吉(ミキモト)/日比翁助(三越)/根津嘉一郎(東武鉄道)/渡辺祐策(宇部興産)/森永太一郎(森永製菓)〔ほか〕
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。