売上が60%減!福井県福井市で建築業の鰹シ尾工務店が23億円の負債で事業停止

倒産速報 明日はわが身です。福井県福井市で建築業の鰹シ尾工務店(代表者:笠松清司)が倒産しました。11月21日に事後処理を弁護士に一任して事業を停止しました。負債総額は23億円です。

会社について
鰹シ尾工務店は、昭和30年6月創業の建築業者。
福井県下中堅の工務店で以前は55億円以上の売上高を計上していた。

倒産の経緯
しかし、リーマン・ショック後は、官庁工事どころか民間工事も大幅に減じて、平成23年10月期には18億円台の売上高まで減少していた。
そうしたなか、平成19年に破綻した木造建築会社の大福コーポレーションに1億8400万円の焦げ付きが発生して厳しい資金繰りを迫られ、更に別途債務保証負担なども発生して、前期は財務内容を急激に悪化させていた。

編集後記
振出手形であれ受取手形であれ、手形というものは現金よりもやっかいです。融通手形を振り出すようにようになると金融機関からの信用はゼロになってしまいます。

【送料無料】手形・小切手トラブル処理必携

手形・小切手の基礎知識や手形・小切手取引上のトラブル発生を未然に防止する方法及び発生後の解決策をできるだけ平易に解説することによって、日常のビジネスにおいての実践力を養って頂けれるよう構成しました。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。