滋賀県甲賀市で競走馬トレーニング場造成・経営の泣Rンシス・ステーブルが破産

倒産速報 明日はわが身です。滋賀県甲賀市で競走馬トレーニング場造成・経営の泣Rンシス・ステーブル(代表者:元山勝一)が倒産しました。10月4日に破産開始決定を受けました。負債総額は33億円です。

会社と倒産の経緯
泣Rンシス・ステーブルは設立平成4年5月の競走馬トレーニング場造成・経営。
滋賀県甲賀市甲南町に競走馬のトレーニング場を造成し施設を賃貸していたが、平成18年2月6日には再度の資金ショートを起こし行き詰まりを表面化した。事業はその後も継続し、18年3月期には年商約2億3000万円を計上していた。

しかし、トレーニング場の不動産取得に際し負債が膨らむなど事業継続が困難となり今回の措置となった。詳しい状況は現在調査中。

編集後記
現場の発想と実践から生まれた経営計画書
30年間増収増益の『小さくても強い会社』の儲けの秘密!社員が喜んでイキイキと働くシステムの秘密がここにある。

【送料無料】全社一丸!儲かる経営計画書のつくり方

市川善彦(イチカワヨシヒコ)
福岡大学経済学部非常勤講師。1952年1月29日長崎県佐世保市生まれ。中学3年生のときに父の事業倒産に遭遇。一家離散となる。幾多の職業を経験後、24歳のときに、警備保障会社を創業。以後、独自のユニーク経営法を次々に考案して社員とともに実行している。自社ビル、社員寮等を取得。資金繰り無縁の完全無借金経営を続け、現在は福岡信用金庫総代、博多警備業防犯組合長も努めながら全国で講演活動を行っている。執筆活動も活発に行い、大企業の販促情報誌にも、シリーズで「ユニーク経営法」を連載して好評を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。