福岡県福岡市博多区で木材卸・木材市場の鞄進が倒産

倒産速報 明日はわが身です。福岡県福岡市博多区で木材卸・木材市場の鞄進(代表者:松永雄大)が倒産しました。10月11日に破産手続きの開始決定を受けました。負債総額は13億円です。

会社と倒産の経緯
鞄進の在庫は東証一部のナイスが、10月1日事業停止時に日進の倉庫の在庫の譲渡と受けているが、売掛金との相殺によるものと思われる。また、ナイスが譲渡を受けた木材・建材には、日進が販売済みの預かり建材が多数含まれており、預けていた多くの建築会社は不安に駆られている。

同社は平成19年4月期には40億円以上の売上高を計上していたが、リーマン・ショック後は住宅産業が低迷、平成23年期には15億円台まで売上高を急落させていた。
その急落の主原因ともなった中国製フローリングは、建材商社を通して販売先を拡大させていたこともあり、取扱高が大幅に増加していた。
しかし、固定相場での取引であったため、その後の円高により大損、取り扱いを止めたことにより、売上高は急減した。
こうした中国貿易での多額の損失により、損失金をその窓口である金融機関から求められたが、支払うこともできず、資金繰りにも窮し、今回の事態に至った。

預かり在庫の二重・三重売りがなかったのか心配されている。
ナイスは、日進から譲渡を受けた在庫の中に、預かり在庫分があれば、証拠書類を提出されれば、チェック後預かり在庫分の建材は返却するとしている。

編集後記
変化の時代とイノベーション
補助線を引いてみる。ナナメから見る。遠くから眺める。連想する。…コンサルタントの「思考プロセス」が見えてくる!新感覚の「経営エッセイ」。

【送料無料】経営思考の「補助線」
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。