東京都千代田区で東証1部上場の東京電力鰍ェ資産売却

倒産速報 明日はわが身です。東京都千代田区で東証1部上場の東京電力(代表者:廣瀬直己)は、資産売却の一環として計画している銀座支社本館(東京都中央区)の売却時期を前倒しし、競売入札に向けた手続の準備に入ることを明らかにしました。

当初は2014年度以降の売却を計画していたものの、地下に併設する重要設備の廃止にめどが立ったことから、2013年度早期の売却に方針を転換したようです。

敷地面積1152平方メートルを有する同館は、銀座の一等地では珍しい大規模用地のため売却はスムーズに進むと予想される一方、他の資産についても売却を急ぎ財務体質の改善に繋げたい考えです。

編集後記
東京電力の資産売却ですが、「やっと」というイメージです。
スピード感が全く感じられませんね。値上げにはスピード感があるのに、やりたくないことについては積極性を全く感じられません。

東京電力の対応を許しているのは、日本人の優しさかもしれませんが、重大事故を起こして、沢山の困窮している人がいることを考えると、もっと早く対応をして欲しいですね。


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。