四国老舗企業調査:創業100年以上は1170社−−四国4県 /四国

香川401社、愛媛363社、徳島233社、高知173社
四国内で創業100年を超える老舗企業は1170社あることが、東京商工リサーチ高松支社の調査で分かった。「四国老舗企業調査」によるもので、県別では香川県が401社(構成比34・2%)と最も多く、次いで愛媛県が363社(同31%)、徳島県が233社(同19・9%)、高知県が173社(同14・7%)だった。
 
企業データベースに登録されている全国の約244万3000社から創業100年以上の企業を抽出し分析した。宗教法人を除き、最も創業が古いのは安土桃山時代の1582年に創業した塗料卸売業「波多野塗料」=高松市=だった。
 
産業別では製造業342社(同29・2%)、小売業277社(同23・6%)、卸売業252社(同21・5%)が多かった。老舗企業のうち、明治時代の創業は8割で大多数を占めた。

設立の古い企業上位10社の創業年と所在地、業種は(1)波多野塗料(1582年、高松市、塗料卸売業)(2)シンツ(1592年、松山市、セメント卸売業)(3)馬居化成工業(1599年、徳島県鳴門市、試薬製造業)(4)後藤酒造(1602年、松山市、清酒製造業)(5)司牡丹酒造(1603年、高知県佐川町、清酒製造業)(6)三好商店(1610年、高松市、うちわ・扇子・ちょうちん製造業)(7)和泉商会(1633年、高松市、石工品製造業)(7)若林(1633年、徳島市、かばん・袋物小売業)(9)五色そうめん森川(1635年、松山市、めん類製造業)(9)ハリキチ(1635年、松山市、スポーツ用品小売業)−−。

編集後記
四国で100年以上続く企業が1170社で多いのか少ないのか判断に困りますが、高知県が少ないですね。香川県の半分以下なのですから、この原因はどこにあるのでしょうか。

高知県は農業、林業、漁業の1次産業が中心で、伝統的な産業として刃物、紙や酒はありますが、伝統工芸品として高知県でお土産を買おうとしてもなかなか思いつかないですね。

1次産業に付加価値をつけて販売ルートに乗せるのが上手ではなかったのでしょうか。
それとも、優秀な人材が高知県から離れて都市部で活躍しているからでしょうか。三菱をつくった岩崎弥太郎は高知県の出身ですがね。

【送料無料】岩崎弥太郎 [ 立石優 ]

【送料無料】岩崎弥太郎 [ 立石優 ]
価格:660円(税込、送料別)


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。