高知新阪急ホテル売却

本県の観光、ビジネスの拠点として四半世紀以上の歴史を重ねてきた高知新阪急ホテル(高知市本町4丁目、山崎潤一郎社長)が、神戸市に本社を置くホテルグループに株式を譲渡することが3日分かった。

10月1日に事業承継し、2013年1月1日からホテル名を「ザ クラウンパレス新阪急高知」に改称。向こう1年間に約5億円を投資して館内をリニューアルし、「新時代の地域一番店」を目指す。



高知新阪急ホテル
高知市の中心、高知城前に位置するシティーリゾートホテル
バラエティあふれる242の客室と8つのレストラン&バー。大小15の宴会場をもつ、ハイグレードなシティーリゾートホテル。ビジネスに観光にと好立地で、南国土佐での滞在をサポートしてくれる。
高知県高知市本町4-2-50

【お料理】
土佐の魚介類をふんだんに盛り込んだ皿鉢料理、繊細な会席料理や酒処土佐の地酒もお楽しみください。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。