大船渡の老舗宝飾店「時光堂」が再開−オープンセールも連日盛況 /岩手

岩手県大船渡の老舗宝飾店「時光堂」が7月26日、新たな店舗で再開し、同31日まで行われたオープンセール期間中には、待ちわびた市民らが連日50人ほど訪れた。

時計、宝石、眼鏡を扱う同店は、チリ地震津波直後の1960(昭和35)年、時計店として開業した。1970(昭和45)年に大船渡中心街に移転。時計の修理や電池交換の腕の良さには定評があり、本物の良さを感じさせる品ぞろえとともに市民から厚い信頼を受けていた。

東日本大震災による津波で自宅兼店舗は全壊。店舗部分はシャッターを残し壁が抜けてしまい、ショーケースも残っていない状態だったという。

一時は仮設店舗での再開も考えたが、扱う商品が高額なために防犯面で不安があることなどから自力再建を決意。震災後すぐに土地を探し、昨年10月に建物の建設を始めた。

店舗面積は以前より広い48坪。品数は半数ほどに減らし、ゆったりとした広い空間づくりを心掛けた。セール期間中は予想の倍ほどの来客があり、そのうち9割は商品を買い求めていった。眼鏡を作るのを1年以上待っていた人や時計を何個も持ち込み電池交換を頼む人、クレジットカードの対応が開店までに間に合わなかったため、高額な商品を選んでから銀行でお金を下ろして戻って来る人までいたという。

同店の川口雅幸店長は「店を自力で再建したことで、仮設住宅に住む人から『励みになる』と言われたり、『そろそろきれいなものを見たい時期だった』と言われたり、本当にありがたい」と話す。

営業時間は10時〜19時。


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。