NGワード「結局何が言いたいの?」

狩りの際、会話が厳禁だった男性は目的のない話に意味を見いだせない
受験の時期は、子供の進路やその先の将来のことを考えると、妻にとっては頭が痛いことがいっぱいだ。自分だけでは解決できないので、夫の意見を聞きたいと思ってもなかなかとりあってもらえないことが多い。

大事な話を聞こうともしない夫に、妻は自分の存在までも否定されたようで怒り心頭。夫婦喧嘩の一番多い原因が、このパターンといえる。妻が相談をもちかけても、夫が聞く耳をもたないことも、動物行動学的に説明できるのだろうか?

「そもそも、女性と男性とでは、脳内の発達している領域が違うことを知っておくことが大切です。一般的に、女性のほうが取り込む情報量が多く、記憶力もいいといわれています。それは、言語を操作する脳の領域が発達しているためと考えられ、男性よりも言葉を理解したり話をするのが得意な傾向があります」と小林先生。

これは狩猟採集時代、女性たちが情報交換をするために日常的に言葉を交わし、人間関係を築いてきたことが影響しているからだ。さらに時を経るごとに、話すこと自体が楽しくなり、話すことで絆を深めていったと想像できるという。

それに対して男性は、狩猟に出かけている間は獲物を捕ることに集中しているため、獲物に関する情報収集は怠らないものの、無駄な会話をする機会は少なかったようだ。それが今でも男性の習性として残り、女性よりも目的を持って遂行する能力が高い一方、目的のない会話には意味を見いだせないというわけだ。

そのため、子供の進路や将来のことについて夫と話をしたいときは、言語脳の発達した妻のほうが歩み寄ることが一番の解決法といえる。小林先生も、「男性と話をするときは、自分が感じたことや思ったことを、やみくもに並べ立てても伝わらないことをまず理解してください。それほどに、男性というのはかわいそうな動物なのです」と男性への理解を訴える。

人類の誕生から現在まで、9割以上は狩猟採集の時代だったことを考えると、その間にできた男女の脳の性差を埋めるよりも、その違いを知って対策を考えるほうがよほど近道というわけだ。

小林先生は女性に対して、男性と話し合いをするときの三カ条を提案する。

1、テーマをはっきりさせ、話す場を設ける
男性はやみくもに話すのが苦手なため、大事な話を思いついたときにするのは禁物。何について相談したいかを事前に伝え、話し合う時間と場所も決めておくと、しっかり話を聞く態勢をとってくれるはず。

2、話す内容を事前に決め、できるだけ短時間に済ませる
男性は、女性の目的のないだらだらとしたおしゃべりには、頭がついていかないため、話したいことをできるだけコンパクトにまとめて、話が長引くようなら、あらためて別の日に話し合うこと。

3、できるだけ論理的に話を進め、余計なことは話さない
直感や漠然とした不安を口にするのを我慢し、因果関係をはっきりさせながら話すことを心がける。因果関係がわからない場合は「理由はわからないんだけど」と前置きをする。

このような話し方に慣れていないという女性も、得意の言語能力を駆使してポイントを意識して話すようにすれば、難しくはないはず。夫と話すときは、ぜひこの三カ条を実践してみてほしい。

一方男性も、女性の話し方についていけないときも、できるだけ理解するよう耳を傾ける努力を怠らないように。女性にとっては、意味のない会話も親愛の証しだからだ。

とくに、「結局何が言いたいの?」はNGワード。女性は、「自分は愛されていない」→「嫌われている」と存在意義まで脅かされたかのように深く傷ついてしまうからだ。「男性に愛を求めるのは、狩猟採集時代から続く、女性が生き抜くための本能です」と小林先生。

「女性は妊娠してから出産までの期間は、木の実などの採集もできず、自分で食糧をとるのが難しい状況となります。そのため男性に保護されたい願望が高くなり、愛を求めます。その記憶が遺伝子レベルで残っているため、男性が自分に関心を示さなくなることは、生きていくうえでの致命傷となるのです」

結婚十数年。話を聞こうともしない夫に、新婚当初には考えられないくらいイラッときている妻もいるかもしれないが、遺伝子レベルではまだ夫を求めているはず。もう少し、夫も耳を傾けやすい方法で、会話を増やす工夫をしてみてもいいかもしれない。



日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。