公共工事の激減で!大分県佐伯市で建設業の菅政建設椛シ1社が倒産

倒産速報 明日はわが身です。大分県佐伯市で建設業の菅政建設梶i代表者:菅圭二)と関連会社で砂利販売の菅政産業鰍ェ倒産しました。7月19日に破産手続の開始決定を受けました。負債総額は8億円です。

会社と倒産の経緯
1951年に設立の菅政建設鰍ヘ、同県南部を営業エリアとして港湾やトンネルなどの土木工事を主力とするほか、近年はビル・工場などの建築工事にも事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による公共工事の縮減で受注が落ち込むと、多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。