沿岸部の消費、震災前に戻らず=スーパーの店舗数、4割減―経済財政白書

経済財政白書は、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の消費動向を内陸部と津波被害を受けた沿岸部に分けて分析した。生活に最も密着したスーパーの売上高を見ると、内陸部は震災直後から急速に回復しているのに対し、沿岸部は今年になっても震災前の9割の水準にとどまっていることが分かった。
 
内陸部の売上高は震災のあった昨年3月は4分の3の水準まで落ち込んだものの、翌4月には震災前の水準を回復し、5月からは震災前を上回る水準で推移している。これに対し沿岸部では4月まで大幅な減少が続き、年が明けても震災前の9割までしか回復していない。
 
これは沿岸部のスーパーが津波で大きな被害を受け、4割弱の店舗が営業停止に追い込まれたのが大きな要因。震災前から沿岸部はスーパーの店舗数が頭打ち状態だったため、復興が進まないと店舗数が元に戻るには時間がかかりそうだ。

【送料無料】回復力 [ 畑村洋太郎 ]

【送料無料】回復力 [ 畑村洋太郎 ]
価格:756円(税込、送料別)


 
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。