【デジフジmini】高齢者“安否確認サービス”の実験開始!

埼玉県北本市とシャープは、市販のテレビを活用した高齢者の安否確認サービス「見守りテレビ」の実証実験を7月1日に開始した。

このサービスは、シャープが液晶テレビAQUOS(アクオス)向けに提供している「見守りサービス」をもとにしたもの。テレビの電源ON/OFF操作やチャンネル操作の情報を、インターネットを介して北本市や自治会が管理するパソコンに送信し、これらの情報と毎日のテレビ操作の時間帯などを比較することで、高齢者の暮らしを見守るというもの。

見守りのほかに、テレビの電源ONに合わせて自治会の掲示板にある地域情報を自動的に表示したり、掲示板の中の「体調アンケート」に回答、北本市や自治会に現在の体調を連絡するなどの機能もある。

今回の対象は高齢者世帯(20世帯)。期間は9月30日まで。

北本市は、この実証実験を通じて安否確認システム導入の有効性・課題を検証するなど、高齢者世帯の安否確認対策に取り組む。一方、シャープは地域のニーズを受けて「見守りテレビ」のシステムをカスタマイズ化し、社会に貢献したいという。

しかし、この手のサービスは形骸化しやすい。正直、「これだけ?」と感じてしまう。もっと利用者の視点に立った独創的なサービスに期待したい。


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。