高知県高知市でタクシーの轄sハイヤーが倒産

倒産速報 明日はわが身です。高知県高知市でタクシーの轄sハイヤー(代表者:岡田瑞穂)が倒産しました。7月23日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入りました。負債総額は11億円です。

会社と倒産の経緯
轄sハイヤーは、車両約70台、従業員約100名の高知県ではトップクラスのタクシー・ハイヤー業者。
不景気による観光客数減で平成18年3月期の約7億5000万円の売上高が今では半減しており、借入金も多く、資金繰りに耐えられず、今回の事態となった。


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。