中山製鋼所が希望退職者に募集による130名の人員削減へ

東証1部上場の鉄鋼メーカー「中山製鋼所」は、希望退職者の募集による130名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは30歳以上の従業員で、退職日は10月31日。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

今年5月には設備の老朽化などを理由として本社工場内にある厚板工場の休止を決定しており、余剰人員の削減が必要との判断から今回の施策に至ったようです。


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。