兵庫県淡路市でホテル経営の潟Aテーナホテルズが倒産

倒産速報 明日はわが身です。兵庫県淡路市でホテル経営の潟Aテーナホテルズ(代表者:立石裕明)が倒産しました。6月27日付で破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。負債総額は7億円です。

会社と倒産の経緯
1971年に「旅館たていし」として創業の潟Aテーナホテルズは、1995年の阪神・淡路大震災で被災したものの、2006年にはホテルの増改築により団体のスポーツ合宿に特化した「スポーツホテル」のコンセプトを掲げ、その目新しさからメディアにも取り上げられるなど話題となっていました。

しかし、依然として続く客足の低迷に加え、増改築などの設備投資による多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、ホテル事業を他社へ譲渡する一方、自らは事後処理を進め今回の措置に至ったようです。


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。