<九州豪雨>熊本の温泉街も深刻な打撃 阿蘇・内牧温泉

阿蘇を代表する温泉街の一つ、熊本県阿蘇市の内牧(うちのまき)温泉では、近くを流れる黒川が氾濫し、約20軒ある旅館の多くが深刻な打撃を受けた。中には高さ1メートル以上もの水が押し寄せ、1億円超の被害を見込むホテルも。夏休みの観光シーズン本番を前に旅館関係者は言葉を失っている。14日、関係者は復旧に追われたが、この日も断続的に激しい雨が降り、作業を邪魔した。

「20年ほど前にも豪雨被害を受けたが、今回の規模は比べものにならない」。黒川近くに建つ「阿蘇プラザホテル」の稲吉淳一社長(43)は、玄関前に積み上げられた泥まみれの家具などを眺め、ため息をついた。12日早朝、泥水がホテル1階に押し寄せ、調度品や調理器具などがほぼ全滅。2〜6階にある客室(105部屋)は浸水を免れ、250人余りの宿泊客にけが人はいなかったが、被害は少なくとも1億円に上るという。「夏休みの予約に対応するためにも一日も早く再開させたい」。再起をかけ、従業員約70人総出で復旧にあたっている。

内牧温泉は明治時代に始まり、夏目漱石らが訪れたことでも知られる。「阿蘇ホテル」の和田晃知社長(54)は「お客さんに安心して来てもらうためには1、2軒ではなく、全体が復旧しないといけない。完全な復旧には1カ月ぐらいかかるのでは」と心配する。

旅館関係者などによると、豪雨は12日未明に始まり、同日午前中には旅館街の中を流れる幅約10メートルの黒川の一部が氾濫した。宿泊客の多くはチェックアウト時刻を過ぎても旅館などに取り残されたという。14日も市の避難指示を受け住民約400人が市立阿蘇体育館に避難した。


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。