電動アシスト自転車、二輪市場の“主役”奪う勢い 若い世代に訴求へ

電動アシスト自転車の販売が好調だ。環境意識の高まりや健康志向に加え、東日本大震災後は、ガソリンが不要な移動手段としても見直された。すでに国内出荷台数ではバイクを上回り、二輪車市場の“主役”を奪う勢いをみせている。さらなる市場の拡大に向け、中高生ら若い世代の需要を取り込もうとする動きも出てきた。



ヤマハ発動機は、先月末に幼児2人乗り対応モデル「パス キッス ミニ」(希望小売価格13万7000円)を発売。最近では育児に積極的にかかわる「イクメン」の利用も増えていることから、男性でも抵抗のない外観デザインや色を採用した。



パナソニックサイクルテックは先月、電動アシスト自転車の弱点である重さを改善した「ビビ・ライト・U」(10万5000円)を投入した。重量を従来モデル比約17%減の21.5キロに抑え、女性や高齢者でも手軽に扱えるようにした。ブリヂストンサイクルは女性誌とコラボしたモデルを展開。昨年6月の発売後、年間販売目標の3000台を2カ月で達成し、現在も計画を上回る販売台数で推移しているという。

市場拡大に伴い、ニーズも多様化してきた。ヤマハ発は9万円を切るエントリーモデルや8段変速ギアを搭載したスポーツ仕様などラインアップを充実させる。同社の森本実SPV事業部長は「ドライブユニット(駆動装置)の制御技術で他社との差別化を図り、業界全体の成長率を上回る販売拡大を続けたい」と意気込む。

電動アシスト自転車は1994年、ヤマハ発が世界で初めて発売。当初は高齢者の利用を想定していたが、次第にメーンターゲットは子育てをする母親世代に移ってきた。2011年の市場は94年の約12倍に拡大している。

今後も右肩上がりの成長が続くかは、比較的“手つかず”だった中高生への訴求がカギとなりそうだ。森本部長は「まだ『電動アシスト自転車に乗るのが恥ずかしい』という若者もいる。若い世代に受けるデザインを追求するなどして、10〜20代へも訴求していきたい」と話している。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。