石垣で石川洋さん講演会−「成功とは最後の1パーセントのことである」 /沖縄

「歩いた後に一輪の花を」をテーマに7月8日、ホテル日航八重山(石垣市大川)で石川洋(よう)さん(82)による講演会が行われた。



石川さんは、1947(昭和22)年4月、一燈園創始者・西田天香氏に出会い師事。東南アジア難民救済、スラム支援などの奉仕活動に取り組み、沖縄では復帰前から戦跡の遺骨収集活動などを続けている。週に3回の人工透析を受けながらも、教育・福祉・経営などの講師として東奔西走する。

講演で石川さんは、椅子に深く腰掛け、子どもに対する教育、経営理念、人生訓などを、ぼくとつとした語り口ながら明解な言葉を使い、次々と例を挙げて話を進めた。200人ほどの聴衆は、一言も聞き漏らすまいと、姿勢を正して講話に聞き入り、盛んにメモを取る姿も見られた。

「最近、せっかく会社に入っても『自分に仕事が合っていない』と辞めていく若者が多いと聞く。残念ながら、新入社員のために合う仕事は用意されていないと知ること。仕事からいかに学び、会社にどのように役立ちたいか、喜びと感動を見つけ出してほしい。お母さんは家に帰ったらお子さんにそう話してほしい」と石川さん。

【送料無料】石川洋

【送料無料】石川洋
価格:1,500円(税込、送料別)



「成功とは成功するまで続けること。99パーセント失敗した上で、最後の1パーセントが成功である。明日があるから明日にするのではなく、今日があるから明日がある。明日の準備を今日のうちに済ませること。段取り八分、本番二分で今日の準備が明日の成功につながる」とかくしゃくとした口調で話し、「苦労は必ず実る」と締めくくった。

来場者は「母親が子どもに与える影響が大きいことを知った。明日から子育てをしっかりしたい」「石川さんの著書を15冊所有するファン。石垣島まで来てくださってうれしい。言葉一つ一つが身に染みグサっときた。一つでも実践できたらいいと思う」と感想を漏らした。

講演会の収益金は、石垣市を通して東日本大震災被災地に寄付された。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。