東京都中野区でイベント企画の潟Uックコーポレーションが破産

倒産速報 明日はわが身です。東京都中野区でイベント企画の潟Uックコーポレーション(代表者:宮崎恭一)が倒産しました。7月10日に破産開始決定を受けました。6月12日に民事再生手続廃止決定を受けていました。負債総額は9億5500万円です。

会社について
潟Uックコーポレーションはアーティストの招聘およびイベントの企画会社。
マドンナ、スティング、ボン・ジョヴィ、グランディーバ・バレエ団、東儀秀樹など国内外の著名アーティスト、バレエ団、交響楽団等を招聘した実績があり、平成20年4月期は年商約9億8880万円をあげていた。

倒産の経緯
しかし、東日本大震災の影響で予定していた公演が中止となったほか、海外アーティスト公演の売上が伸び悩むなど資金繰りは悪化していた。
こうしたなか、平成23年10月には「JYJ東日本大震災被災者支援チャリティイベント」でチケットの発送、支払トラブルを起こしていた。

【送料無料】「危ない隣の会社」の資金繰り

これで債務弁済が困難となったことから24年2月29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し3月5日、民事再生手続開始決定を受けていた。
ところが、当初計画していた海外アーティストの招聘について最終的な契約調印に至らなかったことから資金不足に陥り、民事再生手続の目処が立たなくなったことから再生手続を廃止し、破産手続きに移行することとなった。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。