自転車規制 正式導入 香川初、高松丸亀町商店街

高松市の高松丸亀町商店街で試験的に行われている自転車の乗り入れを終日禁止する規制が、16日から香川県内の商店街で初めて正式導入されることが決まった。県公安委員会が決定、県警が10日、明らかにした。

【送料無料】よみがえる商店街

同商店街では、歩行者の安全対策などを目的に4月16日から2カ月間の予定で自転車規制の社会実験を開始。アンケートで歩行者の約8割が正式規制を求めたため、実験終了後も規制は臨時的措置で継続され、商店街側が正式導入を県公安委員会に要望していた。

県公安委員会は、導入1年で交通規制のあり方を検討するとしている。

同商店街振興組合の古川康造理事長(55)は「正式規制は喜ばしい。快適で安全に買い物ができる商店街となるよう協力をお願いしたい」と話した。高松市の大西秀人市長は「商店街をはじめ関係者の熱意の賜物。自転車利用のマナー向上を呼びかけていきたい」とコメントした。

利用者からも歓迎の声は多く、同県綾川町から買い物に来ていた主婦、内海和子さん(85)は「人が集まる所では、自転車は押し歩きだけにするのが歩行者にとって安全。良い取り組み」と話していた。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。