全国 2012年1月〜6月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。全国 2012年1月〜6月の倒産状況です。

1―6月の倒産件数は‐3.2%、3年連続減=商工リサーチ
東京商工リサーチが9日発表した1―6月の全国企業倒産件数(負債総額1000万円以上)は、前年同月比3.25%減の6311件で、上半期としては3年連続の減少となった。

【送料無料】戦国武将に学ぶ!サバイバル術

減少要因として、中小企業金融円滑化法やセーフティネット保証のほか、東日本大震災関連の資金繰り支援制度が効いたことや、被災地を中心に震災復興事業が本格化してきたことも指摘されている。

1―6月の負債総額は同20.54%増の2兆0076億6700万円で、上半期として3年ぶりの増加。これは製造業として過去最大の倒産となったエルピーダメモリ(負債4480億円)の大型倒産が影響した。ただ、負債10億円以上の大型倒産は同15.4%減の203件で、上半期としては過去20年間で最少だった。

6月の全国企業倒産件数(負債総額1000万円以上)は、前年同月比16.3%減の975件となり、今年最少だった。6月としては21年ぶりに1000件を下回った。

6月の負債総額は同16.06%減の1816億0100万円と大幅に減少し、これも今年最少だった。負債100億円以上の大型倒産は1件のみだったのに対して、負債1億円未満の小規模倒産が708件で、総額が減少した。上場企業の倒産も3カ月ぶりに発生しなかった。

地域別の倒産件数は、9地域中7地域で前年同月を下回った。東日本大震災で被害を受けた東北は18カ月連続で前年同月を下回った。九州は6カ月ぶり、中国は5カ月ぶりに前年同月を下回った。増加したのは、北海道の42件(前年同月は34件)、四国の21件(同20件)の2地区だった。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。