住民と商店つなぐ 宮城・女川町商工会が買い物代行開始

東日本大震災で商店の多くが被災した女川町の町商工会が、営業再開した商店と住民をつなぐ買い物代行サービス「シーパル宅配便」を始めた。住民から電話などで注文を受け、加盟店の商品をまとめて届ける仕組み。仮設住宅などで買い物に苦労している被災者の利便性向上と、店の売り上げアップを図る狙いだ。
 
【送料無料】せつないサービスを、胸きゅんサービスに変える

買い物代行サービスは地元の食料品店や雑貨店、電気店など28店が参加している。名称は、ウミネコをモチーフにした町のキャラクター「シーパルちゃん」にちなんだ。各店の商品を紹介するカタログ2700部を作り、仮設住宅や一般住宅に配布した。
 
仮設の「コンテナ村商店街」に設けた事務所兼集荷場で注文を電話やファクスで受け付け、加盟店に発注する。連絡を受けた店から集荷場に集められた商品は注文主ごとに仕分けされ、宅配業者が配達する。
 
注文は月曜−木曜の午前9時から午後3時まで受け付け、2日後に届ける。代金は利用者が商品を受け取った際、宅配業者に支払う。配達代は無料。今のところ離島はサービスのエリア外だが、今後対象に加えることも検討する。
 
国の緊急雇用創出事業制度を活用して新たに雇用した専従スタッフ4人が、受注や商品仕分けなどを担当する。
 
3回ほど利用したという浦宿浜地区の主婦阿部とまえさん(73)は「食料品をはじめ必要な商品を家まで届けてもらえてありがたい。特に重い物は運ぶのが大変なので助かる」と喜ぶ。
 
町商工会は「近くに店がない仮設住宅などで暮らす被災者に利用してもらい、地元商店の活性化にもつなげたい」と話している。連絡先は0225(24)9691。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。