6期連続の赤字決算で!秋田県能代市で印刷業の株\代印刷所が倒産

倒産速報 明日はわが身です。秋田県能代市で印刷業の株\代印刷所(代表者:相沢隆之)が倒産しました。7月2日に事業を停止し、破産申請の準備に入っています。負債総額は4億7600万円です。

会社と倒産の経緯
株\代印刷所は創業118年の秋田県内最古の印刷業者。
1894(明治27)年創業。1937年のオフセット印刷機、59年の写真植字機など県内初の機械を積極的に導入し他社との差別化を図り、ピーク時の02年3月期には売上高3億7300万円を計上。
だが、景気低迷や競争激化で売り上げが落ち込み、設備投資の減価償却負担も加わり、07年3月期から6期連続の赤字決算となり、業績の落ち込みに歯止めがかからなかった。

編集後記
どんなに経営環境の厳しい時代でも、見渡せばなお業績を上げている企業がある。成功の要因は、新製品の開発やコストダウンなどさまざまあるが、根本的には、「どれだけ顧客の支持を得たか」、これに尽きる。本書ではその好例といえる18社(17業種)を取り上げ、企業の哲学から前線で行なわれている具体的な戦術まで、写真や表などの資料とともに分かりやすい形で掲載した。

【送料無料】顧客満足を生み出す仕組み

すべての「患者さま」に老後の安心と輝きを。サービス業に徹する老人専門病院-青梅慶友病院
社長と社員が1年間毎日メール交換。「行列のできる工務店」の土台は徹底した社員教育-近代ホーム
とげぬき地蔵を核に、多様な200店舗で中高年客を集客。にぎわいの絶えない下町商店街-巣鴨地蔵通り商店街
「損得よりも善悪を尊重」。平均単価6万円の高付加価値メガネで固定客化-イワキメガネ
120販売店すべてに付加価値を。本社主導のCSプロジェクトでブランド力を強化-ハーレーダビッドソンジャパン
革の素材に合わせた独自のバッグづくりとアフターサービスで顧客名簿は110万人-イビサ
私ならこうする私しかできない。「なら・しか」運動でブランド強化-はとバス
漢方薬局は現代の駆け込み寺。「相談薬局」として個人の生活をサポート-薬日本堂
葬儀に感動とサプライズを。遺族との信頼関係を育む新進気鋭の葬儀会社-アーバンフューネスコーポレーション
18歳人口の減少に先手。明るい、楽しい、おしゃれな顧客志向の教習所-コヤマドライビングスクール
社員の一生を変えるほどの教育は毎朝、店舗外1kmの掃除から始まる-ホンダクリオ新神奈川
知る、考える、つくる。顧客の好奇心と良心に働きかけ、ものづくり魂への共感を得る-モクモク手づくりファーム 
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。