「だめでもともと」と考えれば、気楽になれる。

新たな挑戦をするときに「失敗したらどうしよう」という不安があります。

「成功しなければならない」という前提があるから、不安になるのです。

「成功して当然」と考えているから「もし失敗したらどうしよう」と悩んでしまいます。

もっと気楽に考える方法はないのでしょうか。

【送料無料選択可!】「食」の匠を追う 美味の開拓者たちの挑戦 (単行本・ムック) / 金久保 茂...

「だめでもともと」と考えるのです。

はじめから「成功」を前提に考えるのではなく「失敗」を前提に考えてしまえばいいのです。

「失敗して当然。もし成功すればもうけもの」と気楽に考えます。

すると、今まで足がすくんで行動できなかったことが、行動しやすくなります。

好きな人に告白するときには、あまりむずかしく真剣に考えすぎないことです。

「100パーセント絶対にOKしてもらわないと!」と意気込んで考えていると、いつまでも行動できません。

それだけ「もし断られたらどうしよう」という不安と恐怖も大きくなり、行動できなくなるからです。

地球には何十億もの人がいます。

そのひとりに断られても、まだまだほかにもすてきな異性はたくさんいます。

気楽に考えたほうがいいのです。


「まあ、ふられるだろうな。でももしかしたら、OKしてくれるかもしれない。取りあえず告白してみよう」

気楽に考えているほうが、不安と恐怖が少なくなり、行動力が出てきます。

むずかしく真剣に考えすぎても、行動できないのです。

「できなくて当然、できればもうけもの」と考えればいいのです。

編集後記
60歳からは少ない収入で大きな幸せ
脳も筋肉も、アラカン(アラウンド還暦)から強くなる。無料で手に入る友人、遊び、仕事を、急いで身につけろ!竹村式アラカン生きがい術。

【送料無料】竹村式お金に振り回されない習慣術

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。