集中しなくても、ミスをしないシステムをつくる。

当然ですが、ヒューマンエラーを防止しようと、作業に集中するのはよいことです。

しかし、理想を言えば、集中しなくてもミスにつながらないプロセスをつくることです。

人間ですから、ある程度作業を継続すれば、疲れます。

疲れて集中力が切れれば、ミスをするシステムでは、ヒューマンエラーを起こしてくださいと言っているようなものです。

集中しなければ、ミスを防ぐことができないというのは、実は何の対策にもなっていません。

もちろん集中は、あるに越したことはありません。

しかし、理想を言えば、集中しなくてもミスをしないシステムが1番なのです。

人によって、疲れやすい人もいるからです。

思わぬ事件によって、集中がどうしてもできないということもあります。

失恋したばかりの人が、作業をしなければならないということもあるでしょう。

「失恋したので、今日は仕事を休ませてください」とは言いづらい。

失恋をしなければいいとはいえ、それは現実的な話ではありません。

恋愛は誰でもしますし、恋愛をしていれば、失恋はあって当然です。

失恋が、唐突に訪れることもあるでしょう。

失恋したばかりで作業に集中できなくても、ミスのおきないようなシステムをつくっておけばいいのです。

安心して恋愛もできますし、失恋後に作業もできます。

極端な話かもしれませんが、そのくらい丈夫なシステムを構築しておくことです。

集中しなければ、うまくいかないシステムではいけないのです。

編集後記
借りたカネで死ぬことなんかない!
2万件以上の借金問題を解決してきたプロ中のプロが、あなたに堂々と教える、究極のアドバイス。

【送料無料】猫次郎が教える借金にケリをつける法
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。