年商が80%減!大阪府枚方市で宅地造成販売の下村産業鰍ェ破産

倒産速報です。大阪府枚方市で宅地造成販売の下村産業梶i代表者:下村潔)が倒産しました。平成23年11月22日に破産を申請し、12月14日開始決定を受けていたことが判明しました。負債総額は208億5600万円です。

会社について
下村産業鰍ヘ昭和26年4月創業で60年余の業歴を数えていた。
土地を購入しその後自社で造成して販売することを主業務とするほか土木や解体・建築工事なども手掛けていた。
官公庁や地元の有力企業を対象に営業地盤を形成し、昭和59年3月期には年商46億960万円をあげていた。

倒産の経緯
しかし、平成9年3月期には業況厳しく4億8684万円の赤字を計上、債務超過に転落、12年頃から公共工事削減に加え工事単価が下落し一層業況は厳しくなった。
16年頃からは大阪府内で大規模な土地を取得し宅地造成を手掛けようとしたものの、造成許可が下りず多額の棚卸資産を抱えるようになった。
これ以降、資金繰りが逼迫、21年3月期には年商も6億7195万円にとどまるなど業績は低迷。
その後の業況改善も期待薄と判断し、今回の措置を採った。

編集後記
問屋の社員ですが、大変勉強になりました。
製造部門をもつ会社としては、素晴らしい内容だと思います。
単純にシステムの見直しだけでなく、社員のモチベーションの維持、増進にも注力されている。
また、環境対策についてが主軸であり、今読むべき一冊です。


「会社のアカスリ」で利益10倍! 本当は儲かる環境経営

会社のアスカリ=環境経営は、徹底したムダの削減で会社に埋まった利益を掘り起こす。キャノン電子社長として実践してきたアカスリのノウハウを、オフィス、工場、設計・調達、物流、社員に分けて具体的に指南。環境経営の実践的教科書。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。