東京都千代田区で元・照明器具販売の神田不動産開発梶i旧商号:ヤマギワ)が倒産

倒産速報です。東京都千代田区で元・照明器具販売の神田不動産開発梶i旧商号:ヤマギワ、、代表清算人:中井康夫)が倒産しました。11月29日に特別清算を申請し、12月7日に特別清算開始決定を受けています。負債総額は93億9288万円です。

会社について
神田不動産開発鰍ヘ、1923年(大正12年)に創業、その後業容を拡大し、46年(昭和21年)12月に法人改組した。
当初より付加価値の高い照明器具を扱うことによる差別化を志向し、美術館やホテルなど高品質な光を必要とする空間における提案・設計力において高い評価を受ける一方、秋葉原電気街の本店をはじめ全国主要都市にグループ販売網を持ち、高い知名度を有して展開してきた。

倒産の経緯
しかし、バブル崩壊以降は、個人消費の冷え込みと郊外型量販店の台頭により、一般家電の販売が低迷。
97年2月期には年売上高約542億2300万円を計上していたが、店舗展開に伴う金融債務が重荷となっていた。
このため、2000年3月には事業提携を行い、他社との合弁による新設会社へ家電部門を業務移管、2001年にはインテリア部門の販売力強化を狙い子会社を吸収合併するなど、「ヤマギワ」ブランドのイメージチェンジに向けた再編を行っていた。
しかし、近年においても公共工事の低迷などから大型施設の特殊照明などの受注の落ち込みや不動産不況に伴うマンションデベロッパーの倒産からインテリア部門を中心に受注は落ち込み、2009年2月期の年売上高は約169億3600万円にダウン、約17億7600万円の最終赤字を余儀なくされていた。
2010年には秋葉原駅前の東京本店も閉店したことで、その後はインターネット販売を残して卸中心に展開していたが、2011年2月期の年売上高は約116億1900万円にとどまり、約18億1000万円の最終赤字となっていた。
不動産売却による借入金削減をはじめリストラに努めてきたが、事業規模縮小による影響をカバーするには至らず、2011年4月には滑驪ニ再生支援機構による支援が公表され、8月には会社分割により本業を新設のヤマギワ鰍ノ移管するとともに商号を現商号に変更。
当社については特別清算に向けた準備を進め、11月7日には株主総会の決議により解散していた。

編集後記
惰性で、何かがおかしいと感じていない方には不要です。
おかしい、どうかしなくてはとまだ少しでも前向きに考えている方にはお勧め。
周りにも読むことを勧めるものいいかもしれません。Go for it!

なぜ会社は変われないのか 危機突破の風土改革ドラマ

残業を重ねて社員は必死に働くのに、会社は赤字。社内には不信感が渦巻き、口ばかりの評論家が氾濫。リストラで人も給料も減らされ、上からは改革の掛け声ばかり。こんな会社を本当に蘇らせた驚くべき手法を迫真のドラマで描いたベスト&ロングセラー。待望の文庫化。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。