東京都練馬区で不動産開発・分譲の潟tィールドアップが倒産

倒産速報です。東京都練馬区で不動産開発・分譲の潟tィールドアップ(代表者:上野若左)が倒産しました。11月29日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、破産手続開始申立の準備に入っています。年内中には破産手続開始を申し立てる予定です。負債総額は20億円です。

会社と倒産の経緯
潟tィールドアップは現代表が平成17年4月に創設した不動産開発・分譲業者で、練馬から西武池袋線沿線にかけて戸建て住宅を主体に事業を拡大。
プロジェクト用地の仕入れから建築、販売まで一貫した体制を敷き、平成21年3月期の年商は10億3,744万円を計上していた。
その後も元プロ野球選手を起用したテレビCMやラジオの他、最寄り沿線の電車内の窓上ポスターなど屋外の宣伝・広告も手広く行い、平成23年3月期の年商は35億円内外にまで増加していた。
しかし、3月11日の東日本大震災以降、建築資材が高騰する中で採算は悪化、販売の足も大幅に鈍っていた。
このため、販売価格を大幅に引き下げて事業継続を図ってきたが、秋口以降、資金繰りが急速に悪化。
支払い遅延の風評も聞かれていた中、11月末の決済ができず事業継続を断念した。

編集後記
この本は、今日から始まる「あなたの成功物語」です。たった「15分」で奇跡を起こす物語。

【送料無料】斎藤一人15分間ハッピ-ラッキ-
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。