東京都港区で不動産サブリースの鰍T588琴似他1社が倒産

倒産速報です。東京都港区で不動産サブリースの鰍T588琴似(代表者:大久保秀樹)と関連の日本ユニテック梶i東京都中央区日本橋室町1−13−1、代表:同)が倒産しました。10月24日に破産手続きの開始決定を受けています。5588琴似の負債総額は7億円、日本ユニテックの負債総額は1億円です。

会社と倒産の経緯
鰍T588琴似の関連会社で結婚式場運営会社の潟Aンシャンテ(群馬県高崎市)や潟Tンクス・オペレーション・パートナーズ(同)が8月4日、前橋地方裁判所へ民事再生法の適用申請を行い、関係の同社の動向が注目されていた。
こうした事態に、金融機関が、本来家主に渡るべきテナント賃料が入金された鰍T588琴似の口座を差し押さえ、ニッチもサッチも行かなくなっていた。

編集後記
転落回避事業再生
具体的事例から事業の再生、個人の再生が見えてくる。しかし、すべては社長の素早い決断次第である。

【送料無料】事業と社員・生活を守る社長の決断

会社再生の類書は民事再生、会社更正、会社整理に止まっている。本書は一歩進んで第2会社設立で事業の実質と社員を守る事例を解説する。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。