奈良県 2011年9月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。奈良県 2011年9月の倒産状況です。

企業倒産:先月の件数11 前月比5件減、負債総額2億円 /奈良
東京商工リサーチ奈良支店は、9月の倒産件数が11件(前月比5件減)で、負債総額は約2億円(同13億4700万円減)だったと発表した。
11件はいずれも負債総額が1000万〜5000万円未満の小口倒産で、同支店は「負債総額は少ないが、末端まで倒産が及んでおり、景気が厳しい状況に変わりはない」としている。
 
業種別では、建設業とサービス業が3件と最多で、製造業・小売業が各2件、卸売業が1件あった。原因別では、10件が販売不振で、他社倒産の余波が1件。個人企業が6件を占め、資本金1000万円未満が4件、同5000万円未満は1件だった。従業員36人が影響を受けた。
 
主な倒産は、土木工事会社「東新建設工業」(宇陀市)が負債総額約3000万円、リフォーム工事会社「夢ひろば」(大和郡山市)が同約2800万円だった。

編集後記
企業経営者、管理職の方々が、自分の企業を改革していくための具体的な戦略と戦術を詳しく説明したものであり、実戦的なノウハウが詰まっている。

【送料無料】図解企業再建の進め方


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。