パナソニック:茂原工場の売却検討 地元に広がる不安「震災に追い打ち」 /千葉

雇用規模最大級
家電大手のパナソニックが主力のテレビ事業を縮小し、液晶パネルを製造する茂原工場の売却を検討していることが明らかになった。関連企業も少なくないだけに、地元の茂原市とその周辺では、今後の工場の存続や雇用に対し、不安が広がっている。同工場の雇用規模は市内最大級で、県内の経済関係者からは「震災や円高で県内経済が厳しさをみせるなか、追い打ちをかけかねない」と懸念の声も出ている。
 
同市によると、同工場は約1100億円を投じて整備され、06年5月から操業を始めた。現在、市内外から約1600人の従業員を抱えている。部品を納入したり、こん包を担う取引企業も10社程度あるという。
 
さらに同市に対して、数億円規模の固定資産税を納入するなど、地元経済だけでなく、今後の展開次第では、市財政にも大きな打撃を与えかねず、地元飲食店やホテルなどのサービス業への波及を懸念する声もある。同市の担当者は「この地域では、大きな企業で、地元経済への影響が心配だ」と不安を隠せない様子だ。
 
いまのところ、パナソニック側から地元関係者に対し、正式な説明はまだなく、工場売却検討のニュースに当惑する地元経済関係者も少なくない。茂原商工会議所は「こちらも情報収集をしている最中。もし売却になれば、影響は少なからずあるだろう」と話している。

編集後記
倒産を防止する資金繰り・対銀行折衝から万が一のとき
金融機関からの条件変更や貸し渋りに対する「防御方法」を最新事例と法律をもとに徹底解説。経営危機を未然に防ごうとするすべての会社に役立つ、経営安定化の指針の書。

【送料無料】企業再建弁護士村松謙一の貸し渋り対策マニュアル


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。