現金が回収できるなら、ほしいものを手に入れていい。

必要なもので満足するのが、お金持ちになるための習慣です。
必要なもので満足できれば、それ以上余分なものにお金を使うこともありませんから、節約ができます。

しかし唯一、ほしいものを手に入れることが許される例外があります。
手に入れることで、さらに収入が増える場合です。
ほしいものを手に入れたとき、仕事の量や質が向上し、結果として支払った以上のお金を回収できる場合です。

例えば、食器洗い機です。
食器洗い機は、ないと、生きていけないわけではありません。
自分の手があれば、十分事足ります。

しかし、食器洗い機を手に入れることで、妻の食器を洗う時間が節約でき、節約できた時間で妻が内職で仕事をできるようになり、収入が増えるのであれば、結局のところプラスになります。
食器洗い機は高価ですが、内職によって現金は回収でき、さらに利益が出ます。

キャッシュアウトよりもキャッシュインのほうが増えるのであれば、ほしいものはいわば「投資」です。
払ったお金以上の価値を得ることができるのであれば、一見浪費に見えるほしいものも、手に入れてもいいでしょう。
後先のお金の流れを見る力をつけることです。
お金持ちは、お金の流れをしっかり見ている、会計のプロなのです。

編集後記
めげるな、まじめな経営者。返せない借金は仕方がない! どんな借金であれ、自らの命を絶ってまで返済する必要はない。1つひとつ具体的な解決策を考えよう。目からウロコの借金生活脱出法。

【送料無料】借金で死なないための20の法則

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。