東京都江東区でテント製造の小川テント鰍ェ倒産

倒産速報です。東京都江東区でテント製造の小川テント梶i代表者:新宮豊雄)が倒産しました。10月20日に事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っています。負債総額は38億円です。

会社と倒産の経緯
小川テント鰍ヘ昭和21年3月設立のテントメーカー。
戦前から軍需用袋などの製造を手掛け、テント業界にあっては老舗の大手メーカーであった。
以前は、通常のテントのほか、工場や倉庫・施設などの構造物用テントなど製造し100億円以上の売上高を計上していたが、その後は、テント地を用いる構造物が減少していた。
平成23年1月期には40億円台まで売上高を落とし、借入負担に耐えられなく、今回の事態に至った。
関連の鰹ャ川クラウン、鰹ャ川キャンパル、潟Iガワテクノ、潟Iガワファブスペースの営業は継続する。ぜひ技術を継承して欲しいものである。

編集後記
NHK「仕事学のすすめ」から生まれた本。「顧客の創造」「知識労働者」…ユニクロ躍進の原動力、そこにはドラッカーの教えがある。

【送料無料】柳井正わがドラッカー流経営論

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。