群馬県高崎市で診療所経営の医療法人関東肛門会が倒産

倒産速報です。群馬県高崎市で診療所経営の医療法人関東肛門会(代表者:橋爪立雄)が倒産しました。破産手続きの開始決定を受けていたことが分かりました。負債総額は4500万円です。

会社と倒産の経緯
医療法人関東肛門会は1999年11月の設立。高崎市内で「高崎センチュリークリニック」を経営し、主に肛門に関する治療を行っていた。
来院者数が当初の見込みを下回る状態が続いたとみられ、2008年8月期には1259万円の経常赤字を計上、債務超過に転落した。その後、10年8月期には1億円の売上高を上げたものの、借入金の返済が困難になった模様で、今年2月ごろに事業を停止していた。

編集後記
上質な“言葉のサービス”で、お客様をあなたのファンに。正しい接客用語、覚えておきたい敬語、さらに、お客様の心を温めるちょっとした言葉の工夫まで、“プロの販売員”の話し方。

【送料無料】お客様に信頼されるプロ店員の話し方

◎「接客」とは、「言葉」によるコミュニケーションです!
ロングセラー『「この人から買いたい」と思わせる プロの接客』(日本実業出版社)の著者が贈る「話し方」編。
接客販売のプロは、話し方も上手です。お客様から信頼されて、あなたのファンになるような「話術」を磨きましょう。まずは基本的な接客用語、正しい敬語をマスターし、さらに、お客様に好印象を与える言葉づかいや、話し方のコツを身に付けてください。お客様の入店から去店まで、順を追って“言葉のサービス”を紹介します。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。