通販おせちが人気 冷凍技術向上で拡大

おせちも通信販売の時代−。三越伊勢丹通信販売(東京都江東区)が販売するおせち料理が人気だ。販売数量で前年比10%増を売り上げた昨年に続き、今年も9月26日から始めたウェブでの先行予約が好調という。同社は、オリジナルおせち料理を中心に、前年比20%増の販売数量を目指す。

注目商品は、北海道在住でホテルのシェフなどの経験を持つ調理人らが手掛ける「北のシェフおせち料理三段(冷凍)」(税込み2万8350円)。北海道産のイクラしょうゆ漬けや北海シマエビなどの海の幸をはじめ、知床鶏や道産牛など地元の食材を生かした商品だ。

そして、同社の通販カタログ「美味おせち」では、商品を手掛ける北のシェフ(北海道北広島市)の調理人がずらりと並び、紹介されている。

「当社は商品紹介をする上で今年初めて、実際に調理をしている人や工場を前面に打ち出しました。当社のウリはオリジナリティーと食材、産地、といったこだわりそのものだからです」というのは、原田秀一・食品おせち料理担当バイヤー。

そのほか、和食や中華など8種類のお重からなる「選べるおせち料理三段(冷凍)」(税込み2万2800円)などがおすすめだ。

同社は、冷凍技術や冷凍流通の発達により、商品展開を拡大。約10年前に50種類ほどだったおせち料理を今年は約100種類そろえ展開していく。

商品は、生おせちが12月31日、冷凍おせちが同29日か30日、真空パックおせちが同25日〜28日に届けられる。

編集後記
楽天でおせち料理を見ましたが、豪華ですね。新しい1年の始めを新しい気持ちで出発するには必要なものなのかなと改めて思いましたね。
三段重 和風おせち料理 梅柄重箱 『高砂(たかさご)』という1万円以下の商品もありましたよ。
見ただけで欲しくなってきました!
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。