指さし確認・声だし確認をくせにする。

私には「指さし呼称・声だし確認」という職業病があります。
仕事で毎日しているために、体にまで染み込み、日常生活でも無意識のうちにしてしまいます。
完全にくせになり、大勢の人がいても恥ずかしがることなく、できてしまいます。

仕事でサービスを直接提供しているサーバにログインして作業を進めるときには「指さし呼称・声だし確認」が常識です。
ひとつの間違ったコマンド投入が、何百万人、何千万人の人に影響を与える可能性があります。
ですから、コマンドを投入する前には、声を出して指を差してから、投入します。
そういう仕事をいつもしているものですから、日常生活でも指さし呼称・声だし確認がくせになってしまったのです。

部屋の鍵を閉めるときにも「鍵を閉めた。ヨシ!」と声に出して、人差し指で差します。
たったこれだけのことですが、非常に頭が回転します。
目視だけであれば視覚だけの情報になるため、刺激も小さくなります。
部屋を出てから「そういえば鍵をかけたっけ?」と忘れてしまうのです。
ちょっとした鍵閉めでも、しっかりと鍵をかけたことを確認し、意識に残すようにするために、指を差して、声に出せばいいのです。

人間は、多くの感覚器官を使って行動したほうが、意識が覚醒し、集中力・注意力・記憶力も向上します。
多くの感覚器官を使うために「指さし呼称・声だし確認」を行うのです。
人間には、していいくせと、悪いくせがあります。
人の迷惑になるようなくせはしてはいけませんが、他人の迷惑にならず、自分の生活に役に立つくせは、してもかまいません。

その代表的なひとつが「指さし確認・声だし確認」です。
私自身、このくせでひとつも損をしたことがありませんし、実生活に役立っています。

編集後記
法律を甘く見る経営者は会社を倒産に追い込む…今すぐ予防法務を徹底せよ!中小企業経営者のための法務リスク管理の本。

【送料無料】企業倒産を招く法務トラブル35

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。