車の助手席に座る人には、確認者としての仕事がある。

私が、両親と一緒に車に乗って出掛けるときのことです。
父が運転手になれば、母は助手席に座り、私は後部座席に乗ります。
これは、お決まりのパターンです。

母は、助手席に座っていても、運転手にいろいろと口出します。
父が運転をしながら話に夢中になると「危ないから前をきちんと見て」と注意をうながします。
急に車が飛び出してくれば「危ない」と大声を出します。
主導権を握っているのは助手席の人といっても過言ではありません。

助手席の母は、非常によくしゃべりますが、それは運転者への安全意識向上に一役買っています。
車の運転は、人の命を乗せて走っています。
運転するのは運転手だけですが、安全意識向上では「作業者・確認者」の2名がいるのが常識です。
車の場合で考えると、運転手は作業者であり、助手席の人は確認者です。
運転手の父も、疲れやうっかりとすることがあります。
しかしそれをカバーしようと、母は助手席に座って、運転手である父が見ていないところまで見ているのです。
この連携が大切です。

運転を運転手だけに任せず、助手席に座れば確認者として徹するのです。
自分の命も関係していると思えば、助手席で眠っている場合ではありません。
「助手席で一眠りしていたら、そのまま永遠の眠りについていた」という笑えない状況になりかねません。

もちろん、運転手の邪魔になる程度に口出しをしては、余計に危険になりますから注意が必要です。
運転手の邪魔にならない程度に、補助しましょう。
助手席に座って、ただのんびりしていませんか。
助手席には、確認者としての仕事があります。
助手席に座ったら、確認者として運転手のエラーをカバーすることです。

編集後記
会社救済の現場から

【送料無料】倒産の淵から蘇った会社達

会社再建一筋に歩んできたベテラン弁護士からの魂揺さぶるメッセージ!
会社が経営危機に陥っても、その大半は完治する「病気」だ! 「経済合理性」で企業をひとくくりにするアメリカの発想に異を唱え、中小企業の立場に立って、倒産という不安に苦しみ悩む経営者と社員に、会社再建のポイントを解説する。
また、各種企業類型別に、実際の経営危機脱出のドラマを再現し、知恵と工夫で再建が可能なことを「体感」できる、勇気の湧き出る書。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。