北海道札幌市西区でレントゲンフィルム及び機器販売の潟Oラフ商会が倒産

倒産速報です。北海道札幌市西区でレントゲンフィルム及び機器販売の潟Oラフ商会(代表者:嶋村栄二)が倒産しました。9月30日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任しています。負債総額は5億円です。

会社と倒産の経緯
潟Oラフ商会は大正8年創業のカメラ及びレントゲン機器及びレントゲンフィルム販売会社。
カメラ販売が家電量販店に押され続け、主力の医療機器も医療機関の設備投資減退から売上高を落とし、資金繰りを支えきれず、今回の事態に至った。

編集後記
激動の時代を生き残る法
数百倍、数千倍の狂乱物価になってしまうハイパーインフレを生き抜く知恵を伝授。

【送料無料】あなたの預金と借金がゼロになる日

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。