南あわじ市:サンライズ淡路、運営会社元従業員が新社設立し新指定管理者に /兵庫

来春までの暫定で
南あわじ市の宿泊研修施設「サンライズ淡路」(同市広田広田)と同「サイクリングターミナルゆずるは荘」(同市神代浦壁)の運営会社「サンマックスプロジェクト」が市の指定管理者を取り消された問題で、同社の元従業員が「合同会社サンライズ淡路」を設立し、サンライズ淡路の指定管理者指定を受けて運営をスタートさせることが決まった。7日、サンライズ淡路で開かれた取引業者への説明会で明らかにされた。市は「あくまで来年3月までの暫定的な措置。来年4月以降は改めて指定管理者を公募したい」としている。

市商工観光課によると、市がサンマックスプロジェクトの指定管理者を取り消した4日、元従業員が合同会社を設立し、「引き続いて営業を続けたい」と市に申し入れ。市は、次の指定管理者を選定するまで営業を中断すると混乱が生じることや、元従業員の雇用確保などの問題もあることから、5日付で中田勝久市長が合同会社サンライズ淡路を指定管理者に指定する専決処分をした。

この日の説明会には取引業者約50人が出席。市の顧問弁護士がサンマックスプロジェクトの破産手続きの今後の流れや負債額などについて説明した。業務を引き継ぐ合同会社サンライズ淡路の小西一寿代表社員(42)が「ご迷惑をかけ、おわびします」と陳謝し、「みなさんに協力してもらい、信頼を回復し、頑張っていきたい」と運営への協力を求めた。

編集後記
日本一の大実業家、一人さんから“人生がよくなる方程式”を伝授された著者。その教えの実践により九州のダイニング「陽なた家」を年間1万人が訪れる驚異のお店に育てた-。本書では「今いる所で必要とされる人になる」「著者に会うよりその本を何回も読む」「夢よりも使命感を持つ」など、人生が好転する効果抜群の知恵が満載。多くの人の人生を変えた“一人さん渾身の授業”、待望の文庫化。

【送料無料】斎藤一人の道は開ける

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。