いつまでもくよくよしない。反省すれば、さっと忘れてしまおう。

いつまでもくよくよしている人のことを、くよくよ星人といいます。
くよくよ星からやってきて、口にする言葉はため息ばかりです。
いつも下を向いて、元気がありません。
口数は少ないですが、頭の中で過去をリピートしていることが特徴です。

「あのとき、こうすれば、もっとよくなったのに」
「ああ、なんて失敗をしてしまったんだ」
「あのときに戻って、やり直したい」

生きているのは「現実」ではなく、頭の中にある「過去」です。
過去にあったつらいできごとを、頭の中で何度もリピート再生をして生きています。
ですから、くよくよしています。

またくよくよ星人は「過去の失敗をほったらかしにすること」が特徴です。
ほったらかしにして反省をしないから、リピート再生になってしまうのです。
反省がないと、次に同じことが起こっても、また同じ結果へとつながります。
くりかえしになります。

「失敗を生かして、次からはこうしよう」という反省する自分がいれば、リピートしようにもできなくなってしまいます。
きちんと反省さえすれば、同じ失敗は、もう繰りかえされないからです。
くよくよは飛んで消えてしまいます。
反省していますから、同じことはもう繰りかえされないし、リピートもできないし、くよくよとしなくなるのです。

編集後記
失敗をして反省すれば忘れてしまうということは大切ですが、同じ失敗を繰り返さないことも非常に大切なことです。
失敗をあるいは反省を次には成功に結びつけるためには、反省をしたときに直ちに書き留めておくことも大切ではないでしょうか。

デルフォニクス 2012年スケジュール帳


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。