楽観主義者が幸せになれる。

楽観主義者とは「起こった現実をプラスへ受け止める人」のことを言います。
悲観主義者とは「起こった現実を、マイナスへと受け止める人」のことを言います。

現実そのものが問題なのではありません。
両者の違いは、受け止めかただけです。

受け止めかたの違いによって、目に見える現実の光景が変わってきます。
感じる幸せの度合いも、まったく変わります。
感じる幸せが変わると、表情が変わり、元気の度合いも変わります。
当然ですが、幸せになれるのは、楽観主義者です。

現実を明るく受け止めた瞬間から、幸せになっています。
つらい現実も気にせず、明るく受け止めてしまうから、いつも笑顔で元気です。
落ち込まない人になるためには、楽観主義者の受け止めかたを学ぶ必要があります
これからは、楽観主義的な生き方が必要なのです。

編集後記
「常に物事を楽観的に考えましょう。」といわれても、平常心で暮らしているときにはよく理解でしますよね。
でも、実際に困った問題が起きたときには楽観的にはなかなかなれないのが普通ではないでしょうか。
どうしても少しは悲観的な思考になってくるとはずです。
そこで、楽観主義を忘れないために、楽観主義の木のおもちゃを身近に置いてみるのも一つの方法ではないでしょうか。

Architect MADE (アーキテクトメイド)  オプティミスト

本を読んだり、話を聞いたりして頭で納得できていても実際に行動に移すことが出来なければ役立たせることができません。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。