埼玉県 2011年9月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。埼玉県 2011年9月の倒産状況です。

企業倒産:上半期県内、前年比33件増315件 最近10年で2番目 /埼玉
震災関連8件
東京商工リサーチ埼玉支店によると、11年度上半期(4〜9月)の県内企業倒産は前年から33件増えて315件となり、最近10年間ではリーマン・ショック直後の09年度の337件に次いで多い水準となった。
福島第1原発事故の影響で経営破綻した狭山茶の製造・販売「橋本園」(入間市、負債額5億円)など、東日本大震災との関連が認められる倒産は8件あった。同支店は「電力の制約や個人消費の低迷など、(震災が)経済環境にマイナスの影響を及ぼしている」としている。

震災関連倒産のうち、橋本園については「緑茶消費量の減少で近年は売り上げが低迷していた中で、原発事故の風評被害が大きく影響し販売が激減した」と指摘した。狭山茶全体についても「夏場の売り上げ減が深刻だった。同様のケースが出てもおかしくはない」と警鐘を鳴らす。
 
このほか、大震災後の自動車生産の落ち込みを受けて、上尾市の自動車部品の金型製造会社「宏和製作所」(負債額2億円)が9月15日に倒産していたことが新たに判明した。
 
月別の倒産件数は4月以降の6カ月連続で前年同月を上回った一方、負債総額は前年同期より188億2200万円少ない345億3600万円だった。負債額10億円以上の「大型倒産」は2件で、前年同期より8件減少した。同リサーチは「中小零細企業を中心に販売不振による不況型倒産が多い」としている。

編集後記
めざせ!仕事のプロ
仕事がうまく行く秘訣は「段取り力」にあった。仕事で差がつく「段取り力」がアップする極意を人気コンサルタントが伝授。

【送料無料】「段取り力」を磨けば仕事は成功する!

ビジネスで成功している人の多くは、段取り上手です。
逆にいえば、段取り下手な人は、ビジネスで成功できないといえます。つまり、仕事が「できる」「できない」の差は「段取り」にあるということです。
しかし、その「段取り」の方法については、明確に会社(上司や先輩社員)から教えてもらうということはほとんどありません。
そこで、本書では、段取りの基本的な考え方から「段取り力」をアップする方法まで、わかりやすく解説します。
著者が実践している具体的なスケジュール管理の手法も図解を交えて解説しています。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。