福岡県福岡市博多区で土産菓子の拠}前菓匠一ひらが倒産

倒産速報です。福岡県福岡市博多区で土産菓子の拠}前菓匠一ひら(代表者:宮部聖)が倒産しました。10月4日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っています。負債総額は2億円です。

会社と倒産の経緯
拠}前菓匠一ひらは、福岡空港内でお土産菓子の販売店を経営していた空港の大地主の経営者が、平成10年に作った御菓子屋さん。
当初は、空港や博多駅などで、焼き菓子中心に土産菓子の販売していたが、生菓子により三越に出店していた。しかし、うまくいかず工場関係者に経営権を譲渡していた。
その後同社は、生菓子「一ひら」「二笑」「福のきんとき」を主力に、基山パーキングにたい焼き店「鯛笑」を出店するなどしていたが、内部の混乱や消費不況による売上高の減少により行き詰った。

編集後記
企業再生屋が書いた
これが7000社を再生させた超実践的テクニックだ!会社も、社長も、派遣社員も“合法的裏ワザ”で生き返れ!シリーズ55万部突破のベストセラー最強バージョンが新装版になって再登場。

【送料無料】借りたカネはやっぱり返すな!新装版

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。