香川県坂出市でディスカウント酒類販売の許セ治城本舗他2社が事業停止

倒産速報です。香川県坂出市でディスカウント酒類販売の許セ治城本舗(代表者:長尾秀俊)および関連の香川県綾歌郡宇多津町の汲ウぬき宇多津明治城(代表:同)・高知県高知市の挙y佐高須城(代表:同)が倒産しました。9月30日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任しています。負債総額は、許セ治城本舗が13億円、3社合計で約15億円が見込まれています。

会社と倒産の経緯
許セ治城本舗は昭和元年創業の酒類販売会社。酒類のディスカウントショップを主力に、酒類の卸業や食料品の販売を行っていた。
平成16年9月期には約18億円の売上高を計上していたが、コンビニや大型量販店の台頭及び消費不況により、平成21年期には9億円台まで売上高が落ちていた。
そのため、借入負担が、重たく圧し掛かり資金繰りに耐えられず、今回の事態に至った。

編集後記
稼ぐ貯める増やす
普通の人には見えていない儲けのカラクリ…見えないものが、見えてくる!あと年収100万円以上アップする経営学。世界一受けたい「稼ぎ力」実践講座。

【送料無料】お金に好かれる人嫌われる人
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。